冷蔵のおせち料理の楽しみ方

 

通販のおせちには、冷凍した状態で届く冷凍おせちと生のまま届く冷蔵おせちがあります。どちらにもメリットデメリットがありますが、冷凍おせちで一番言われるのが「解凍するのが面倒」だということです。

 

確かに冷凍おせちは解凍しないと食べることができません。その点、冷蔵おせちは届いてからすぐに食べることができます。盛り付ける手間もなく!楽です。冷凍おせちにありがちな解凍の失敗もありません。

 

冷凍おせちは急激に解凍すると余分な水分が出てしまい、べちゃべちゃになることがあります。冷蔵おせちはその心配はありません。冷蔵おせちは日持ちがしないと言われていますが、

元々おせちは日持ちのするような調理法がとられたものばかり

ですから、お正月に食べる分には十分です。また、冷蔵おせちの場合は配送できる地域も限られている場合が多く鮮度が保てる範囲内の配送になっています。

 

冷凍すると食材の繊維が崩れたりして本来の歯応えが失われたりすることは仕方がないことですが冷蔵おせちならその心配もなく、なますなどのある程度歯応えが欲しいものにも向いています。

 

冷蔵おせちは味うつりの心配もありますが、通販の口コミを見ていると気にならないとの評価が多いことから、どの冷蔵おせちも比較的仕切りがしっかりされているので大丈夫のようです。