冷凍のおせち料理の楽しみ方

 

購入するおせちには、生おせちと言われる冷蔵おせちと冷凍おせちがあります。冷凍おせちは日持ちが良く、解凍しなければお正月を過ぎても食べることができます。冷蔵おせちでは、なかなか

品質を維持できない食材でも冷凍おせちなら作りたての味

が味わえます。おせちの具材で特に、伊勢海老やイクラなどの海鮮類は傷むのが心配ですが冷凍おせちなら安心して食べることができます。せっかくのおせちですから、ゆっくり味わいたいですよね。

 

冷凍おせちで注意しなければいけないのは解凍方法です。今までは私も自然解凍が一番だと思い室内で解凍していましたが、これらはあまり良くないみたいですね。

 

室内の常温で解凍すると室温によっては急激に解凍することになり余分な水分が出てべちゃべちゃになることがあります。また、室温も一日のうちに上下しますから痛みやすく脚が早くなってしまいます。

 

届いてから食べるまでの時間があまりなく、やむ終えず室内で解凍する場合は頻繁に解凍状況を見るようにしないといけません。一番適しているのは冷蔵庫での解凍です。

 

食べる前日から冷蔵庫に入れておくと徐々に解凍され美味しく食べられます。