お正月には購入できない期間限定の栗まろ

京都の老舗和菓子屋さん、京菓匠鶴屋吉信さんの栗まろはお饅頭なのに1つ454円もする高級品です。尚且つ、9月から12月の期間限定販売の和菓子です。また、賞味期限が短く3日しかもたないのでオンラインショップでのお取り寄せができない貴重な和菓子です。

 

はじめてこのお菓子を食べたきっかけは、京都で参加した結婚式の引き出物としていただきました。鶴屋吉信は関西の百貨店のデパ地下であれば、入っていることが多いお店なので、お店の名前はもちろん知っていましたが、

 

一般的な和菓子とそんなに変わらないだろうと特に購入したことはありませんでしたが、

 

 

栗まろを食べたらもう美味しさにビックリ。


見た目はただのじょうよう饅頭なのに、食べると今までのじょうよう饅頭はなんだったのかと思うほどにしっとりしています。餡子はこしあんで、これまたしっとりしているのに、嫌味のない甘さです。栗は蜜漬けにしてあり、しっとりしており、

 

 

栗の香りがふわっと広がります。


1個454円と高額にも関わらず、パクパクと食べてしまう美味しさです。