2015年のキャラクターおせちの目玉はアナ雪仕様

2015年を彩るキャラクターおせちセットの目玉は、何といってもディズニーの大人気アニメーション映画『アナと雪の女王』をモチーフにしたセットです。

 

老舗の紀文がお届けする、『アナ雪』の世界観がいっぱいに詰まったおせちセットに仕上がっています。紀文の公式サイトの発表を見てみると、確かにこのおせちセットはアナ雪仕様になっています。

美しさも兼ね備えた大人も愉しめる子供用のおせち

重箱は18cm四方、高さ10.8cmと小振りサイズですが、その美しさは圧巻です。何と、重箱の表面にはアナとエルサの2人が描かれています。

 

エルサのドレスは劇中そのままの優美な水色のドレスで、思わずうっとりしてしまいそう。また、表面には白い雪柄や水色と青のグラデーションがあしらわれています。この重箱は、おせちを食べ終わった後には

洗ってお弁当箱や小物入れに活用できるようになっている

そうです。使い方次第で何度も楽しめるのが素敵ですね。ところで、お重箱は完全にアナ雪仕様になっているのですが、おせち料理の中身は純和風です。

 

壱の重には紅白かまぼこや黒豆、錦玉子に栗きんとん、祝海老が入ります。そして弐の重には昆布巻やいくらの醤油漬け、紅白のなますなどが並びます。

中身は意外にオーソドックス

完全にオードソックスな、日本のおせち料理になっています。お重箱がアナ雪仕様で大変美しいのに対し、その中身が至って一般的なおせち料理という点が意外かもしれません。

 

かろうじて壱の重にアナとエルサが描かれたクッキーが2枚入るようになっていますが、それ以外にはアナ雪らしさは見当たりません・・・。せめて北海の鮭やタコが入るなどといった

「アナ雪仕様」が料理の中にも見られれば良い

のですが、そうした趣はないみたいです。箱は映画の世界観に合わせて美麗に仕上がっている一方、料理の方ががらっと日本風というこのおせちセットの特徴を、是とするか非とするかは人それぞれでしょうか。

 

ちょっと物足りなく感じる人も逆にいつものおせちとして安心して食べられるという人もいます。若干保守的な感じがあるので、おじいちゃんやおばあちゃんを含めた家族みんなで食べるのにぴったりかもしれませんね。