学生のクレジットカードの作り方と審査状況

大学生でも最近だと支出が多くなって来たり、ネットショッピングの流行でクレジットカードを持っていたい機会が多くなってきましたが、そのために用意されているのが学生専用のクレジットカードであり、その申し込み条件や審査状況も若干違ってくるのが特徴になってきています。

 

 

  • 主に学生クレジットカードと言ったら大学生協と提携しているもの
  • あるいはクレジットカード会社が学生向け専用のものを作っていること

も多いのです。まずその申し込みの条件なのですが、記入事項としては

 

 

  • 学校名や学年
  • アルバイトの年収
  • 親権者や実家の住所と電話番号

を記入する必要があります。この時に気をつけるのはアルバイトの事項ですが、

 

 

実際にアルバイトをしていなくても申し込みはできますし審査も通る可能性がある


ということです。身分としては学生ということと親権者の記入によって万が一支払えない場合にも返済の目処が立つという理由から、アルバイトをしていなくても申し込みが出来るようになっています。

 

もちろんだからと言って返済はきちんとしないといけませんし、なるべくならアルバイトをしている方が審査的には有効かもしれません。そして肝心の審査の状況に関しては、クレジットカードの審査なので当然過去の借金の有無や金融トラブルの有無は調べられますが、

 

 

学生という身分なので奨学金などの借金などは十分に問題がないレベルになっているので安心してください。


とはいっても携帯料金の遅延などがあったケースで審査に落ちてしまったということもあるので、なるべくそういったトラブルは事前に解消しておくのがいいでしょう。

 

学生専用のクレジットカードというのは限度額がある程度抑えられているため、クレジットカード初心者でも申し込みがしやすくなっていますし、審査に関しても学生という身分を十分に考慮してくれることになっているので、申し込み条件も審査条件もそこまで難しく考える必要はありません。

 

 

なのでパンフレットなどをちゃんと読んでさえいれば申し込みにはほとんど問題がないと言えるでしょう。


学生に人気の三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

メリットは大きく分けて4つあります。やはり学生向けですから

 

 

無職でも学生なら申し込めるというメリットが一番ですよね。


通常クレジットカードやカードローンは信用貸しですからその信用の担保は

 

 

安定収入があること


が必須条件ですが、大学生に限定することによってクレジットカード会社側の貸し倒れリスクが低くなります。試験を受けて高い授業料を払って卒業しないと意味がない大学を投げ出して逃げる可能性が低いからです。

 

しかも学生向けクレジットカードなのでショッピング枠・キャッシング枠も低めに設定しているのでさらにクレジットカード会社側のリスクが低くなっていますので無職でも大学生なら発行できるシステムなのです。

 

また年齢的にも優遇されています。通常クレジットカードやカードローンは20歳以上じゃない申し込みできません。しかし三井住友VISAデビュープラスカードは満18歳以上〜25歳までの大学生なら申し込めるのです。

 

もちろん未成年は法律上親権者の同意が必要ですが、カードローンと違って親権者の同意も得やすいはずです。申し込み条件は以下のとおり。

  • 満18歳〜25歳までの方(高校生は除く)
  • 研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は学生として申し込めない

2つ目は年会費が実質無料だと言う点です。年会費は初年度が無条件で無料で、2年目以降は1,250円+税となっています。

 

しかし一回でも買い物をすると、次年度の年会費は無料となるのです。従って100円程度の小さな買い物をするだけで、年会費の負担なくクレジットカードを所有できるのです。

 

3つ目はポイント還元率が高いという点です。同カードは1,000円の利用につき2ポイントが貯まります。

 

そしてポイントは三井住友カードiDに充当した場合、1ポイント5円となります。従って

 

 

1,000円の利用につき2ポイント=10円還元となり還元率は1%となるのです。


クレジットカードの還元率は0.5%が一般的ですので、この数値は十分お得だと言えます。

 

そして最後の4つ目のメリットは、エスカレーター式のランクアップです。同カードは三井住友系列カードの最下位に属し、自動的にランクアップしてゆきます。

 

 

満26歳以降の最初のカード更新で、ヤングゴールドカードのプライムゴールドに切り替わります。


そして満30歳以降の最初のカード更新で、ゴールドカードへとランクアップするのです。クレジットカードって結構彼女や友達に対する見栄ってありますよね。それを十分に満たしてくれる学生クレジットカードといえます

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

デメリットとしては2点です。1つ目は利用可能枠が小さいと言う点です。利用可能枠は10〜30万円となっていて、これはクレジットカードの中でもかなり低いレベルです。

 

高価な買い物をすると、すぐに利用枠がなくなってしまいますが、学生ならこの金額で十分でしょうし、これを超える金額を使ってしまうと収支が合わなくなってしまうのは目に見えています。

 

そして2つ目のデメリットは海外旅行保険が付帯していないという点です。海外旅行の際の高額な保険を払わずに済む点もクレジットカードのメリットですが、同カードの場合この特典はありません。

 

海外旅行の際は自分でお金を払い保険に加入する必要があるのですが、海外旅行保険が付いているクレジットカードでも利用付帯(そのクレジットカードを使わなければ付かない)がほとんどですし、格安旅行でクレジットカードで支払えるものはあまりないのでそれほど気にする必要はないでしょう。

 

こうした2つのデメリットがありますが、一般的な学生生活を送っている分には不自由を感じる事はないでしょう。3つの大きなメリットがデメリットをはるかに上回っているのです。学生の方でクレジットカードを検討中の方は、是非三井住友VISAデビュープラスカードをご検討下さい。

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費 初年度無料で年1回以上の利用で翌年度以降も無料。利用なしの場合は翌年度より1,250円(税抜)
申込対象者 満18歳から25歳まで
ポイント 1,000円=2ポイント
還元率 1%〜10%

学生クレジットカードを作る前に知っておきたい民法第20条

未成年は民法第20条により制限行為能力者というポジションに定められています。

 

 

制限行為能力者とは単独では完全に法律行為を出来ない者というポジションです。


物事の判断がまだ未確立な未成年を保護する為の法律で、誤って法律行為をしてしまった時、法律行為を取り消す事が出来るという立場にあるということを明確にしたものです。ここでいう法律行為とは、クレジットカードの契約・利用です。

 

未成年はこの法律行為を取り消す事が出来るという立場を明確にされている為、クレジットカード業者側は未成年と契約して利用されて踏み倒されても裁判では勝てません。

 

もちろん決済されたものは販売店に売り上げを保証するシステムになっていますので、この場合はすべてクレジットカード業者が損失を被る事になります。

 

 

しかし学生は消費活動旺盛な属性であり、この先も確たる収入を得て更なる消費に発展する可能性の高い優良顧客である事は間違いないのです。


ですので、クレジットカード業者は民法第17条により補助人(この場合保護者)の同意を得てこのリスクを回避して、未成年の学生の顧客獲得行為をするのです。

 

 

だから未成年の学生でもクレジットカードの申し込みが可能になっているのです。ただし、親の同意が必要なのは覚えておいてください。


学生の頃からクレジットカードを持っておくべき理由

学生という立場は、まだ社会に出る前の状態であることからどうしても制限が多い部分があります。

 

そのため、クレジットカードをもつことについても抵抗を感じるという人も少なくありません。

 

しかし、学生の頃よりクレジットカードを持つことには様々な意義がありますので、ここでは学生専用クレジットカードを持つ理由について考えてみましょう。

 

まず、現代という時代背景を考えてみると、クレジットカードがなければ既に日常生活に支障をきたすほどの時代になりつつあります。

 

たとえばインターネットで買い物をするにしてもクレジットカードでの支払がほとんどであり、スマホ代など携帯料金についてもクレジットカードがなければ利用そのものができないというケースもあります。

 

そのため、学生の頃からクレジットカードをもっておくことは決して早すぎるということはなく、むしろ日常生活をより快適にするために必要なものであるといえるでしょう。

 

カード会社にとっても、学生専用クレジットカードというものを用意しているのは、その後長期に渡って顧客となってくれる可能性を期待してのことです。

 

学生というものはいつまでも学生というわけではなく、時期がくれば必ず卒業し社会人になりますので、社会人となった後も継続してそのカードを利用してもらおうというわけです。

 

ここで重要となってくるのが、卒業して社会人となった後です。

 

クレジットカードを作るうえで重要となってくるのが、過去にカードを使ったことがあるかどうかという利用実績ですが、学生の頃からクレジットカードを持っていることでその利用実績を積み上げることができます。

 

社会人になってから初めてクレジットカードを持つという人と、学生の頃からクレジットカードを使っていたという人では審査基準についても異なります。

 

当然ながら利用実績がある人の方が審査では評価が高いうえ、優秀な実績があるということであればそれだけ発行可能なクレジットカードの幅も広がります。

デビットカードとクレジットカードの学生におすすめなのはどっち?

クレジットカードと似た支払方法が利用できるデビットカードは、銀行口座があれば作ることができるため、学生の間でも高い人気があります。

 

デビットカードでは、支払いをしたその場で銀行口座から引き落としが行われるため、銀行の残高がある分以上は使うことができません。

 

後払いであるクレジットカードに比べると支払もわかりやすく、使いすぎを防ぐこともできることから学生にとっては最適なカードともいわれています。

 

このデビットカードと学生専用クレジットカード、学生が持つべきなのはどちらかということですが、どちらがお得なのか、という点で考えるとやはりクレジットカードの方がメリットは大きいといえます。

 

デビットカードがクレジットカードと異なる点は発行会社にあります。

 

カード会社が主な発行会社となっているクレジットカードと異なり、デビットカードは銀行が発行しており、その目的は銀行の預金残高の増額や口座利用者の拡大にあります。

 

そのため、デビットカードの中には年会費が有料のものやポイントの還元率がクレジットカードよりも低いものなどがあります。

 

このポイントの他にデビットカードの利用で注意したいのがインターネットショッピングでの利用です。

 

今やインターネットの買い物ではクレジットカードはなくてはならない存在となっていますが、デビットカードについてはまだまだネットショッピングの決済に対応していないところがたくさんあります。

 

そのため、インターネットでほしいものを見つけたとしてもデビットカードしか持っていない状態では買うことができません。

 

また、携帯電話の料金や公共料金といった定期的な支払いの場合でも利用できないケースがほとんどです。

 

特に携帯電話についてはクレジットカードが必須といえます。

 

確かにその場でお金が引き落とされる仕組みのため、便利なものではありますが学生が持つのであればデビットカードよりも学生専用クレジットカードの方がおすすめです。

学生専用クレジットカードの正しい使い方

学生がクレジットカードをもつ時というのは、ほとんどの場合人生において初めて持つクレジットカードです。

 

そのため、カードの使い方についても注意しなければならないポイントがたくさんあります。

 

まず、学生がクレジットカードをもつうえでもっておくべき認識として後払いであるという概念です。

 

クレジットカードでの支払いというのは基本的に目の前で現金を出す決済ではなく、目に見えない支払いとなっています。

 

学生専用のクレジットカードの場合というのは、もともとあまり高額の利用ができないように限度額が低く設定されています。

 

それでも毎月限度額いっぱいまで使ってしまうという使い方は避けた方が良いでしょう。

 

学生がクレジットカードをもつ目的の中には、金銭感覚を身につけるという考え方も含まれていますので、ここで誤った金銭感覚を覚えてしまうとかえって逆効果になってしまいます。

 

確かにクレジットカードは、日常生活において欠かせない存在となりつつあり、特にインターネットショッピングの世界においてはこれがなければまともに決済もできません。

 

学生がクレジットカードを持つことそのものは問題ではありませんが、正しい使い方を心がけたいところです。

 

そんなクレジットカードの使い方として気をつけたいのが、リボ払いです。

 

リボ払いはどれだけ使っても毎月の支払い額が一定というメリットがありますが、その反面高い利率設定の手数料が発生します。

 

また、分割払いについても金利が発生することになりますので、結果的に高額の負担がのしかかる可能性も十分考えられます。

 

その結果、クレジットカードの支払いを滞納してしまう、そんな可能性もありますので、そうなると当然ながら将来的にローンを組むことができなくなったりと様々な悪影響を及ぼすことになります。

 

学生がクレジットカードを使うのであれば、こうした注意点や問題点があることをしっかり把握したうえで正しい使い方を身につけるようにしましょう。

その他の学生クレジットカード

楽天カード

楽天カードも学生申込可能なクレジットカードです。ネット通販シェアをAMAZONと二分する楽天市場でのポイントがたまる事が最大のメリットといえます。